top of page

速読・読解力

速読解力コース
新国語力コース

​目的に応じた2つのコース​

パソコンを操作する生徒と講師

お子様にこのようなお悩みはありませんか?

​☑テストや入試で時間が足りない。 

☑教科書や問題文、語句の意味が読み取れない 

☑読書習慣をつけたい、真の文章読解力を鍛えたい

様々なIT機器が学校現場にも導入されており、教育も変化の真っただ中にありますが、変わらず必要となるのが「文章を早く読み解く力」「文章を読解し、理解していく力」です。国語に限らず、社会、英語、数学(算数)や理科の応用問題など、問いは「問題文」から状況設定と何を解答するのかを素早く特定し、考えていかなくてはなりません。今後受験に対峙したときも、この「速く読み解く力」が強力な武器となります。

YCKでは「速読解力コース」「新国語力コース」の2つのコースを運営。①早く読む「速読力」②文章の把握力や理解力を引き上げる「読解基礎力」③語彙力、文法力、及び試験レベルで対応できる文章読解力 これらを、PCを使って訓練していきます。

​​速読解力コー 
学生・中学生対象

速読は「読み方」が違います。

 

通常の読書は、誰でも行っていることですが、文字一文字を目で追っていく「なぞり読み」です。また、発音したり、頭の中で音声化して読む「音読・黙読」です。速読は文章をかたまりで習慣的に視野に入れ、同時に内容を理解する「視読」です。

簡単な視読は日常生活で誰もが行っていますが、トレーニングでは、視読できる情報量を見慣れた単語の様なものからより大量で複雑な文章へと引き上げることで、高速・長時間でも負担のない読書へ移行させます。

音読と速読の違い

​速読解力トレーニング平均記録

速読解力トレーニング平均記録

国語のみならず、現在の共通テストは問題の情報量がとても増加していて、情報処理スピードの向上がますます重要になってきています。その傾向を受けて、現在の高校入試でも同様の傾向となっています。

共通テスト総文字数一覧

速読の習得は読むスピードだけではなく、読む量も比例して増加させていくことができます。それに伴って、「語彙力」「表現をとらえる力」などの習得にもつながり、学習の質を向上させていくことにつながっていきます。

また、速読解力コースでは基礎的読解力トレーニングが体系的に展開されます。トレーニングの中で習熟度を上げ、徐々にレベルアップしていきます。

読解力トレーニング内容

当コースは、生徒さんが楽しく学べる工夫も盛りだくさん。トレーニングを実施するたびにもらえるコインで自分の図書館をデコレーティングしたり、自分のアバターの服を着せ替えたり。

また、友達と競ったり、定期的に検定も実施され、自分の現在地をチェックすることも出来ます。

速読読解力楽しい仕組み

​さらなる詳細は、下のバナーをクリック!

速読解力バナー

​​新国語力コース 
学生・中学​・高校生対象

「文章読解力」に焦点を絞っています。

 

①文法、②語彙、③論理(係り受けや同義文など)これらの問題がレベルごとに展開され、体系的に文章読解力を鍛えていきます。

月の終わりには確認テストを実施。レベル1~9まで、完成するごとにレベルが上がっていきます。

また高校レベル7~9では、現代文だけではなく、入試に必要となる古典も展開。それぞれの問題に対して、柳生好之先生の解説動画が視聴可能となります。このレベルでの確認テストでは、大学入試共通テストや、国公立私立大の入試問題から出題され、受験でしっかり戦える読解力の獲得を目指します。

新国語力コースTOP画面
新国語講座詳細説明

​さらなる詳細は、下のバナーをクリック!

新国語力コースバナー

対象  
速読解力コース  小学3年生~中学3年生  
1回の講座トレーニングはおよそ40分です。 
新国語力コース  小学3年生~高校
3年生  
1回の講座トレーニングはおよそ30分です。 

小学生
毎週指定の0コマ目(16時~、または16時25分~)で実施 週1回から受講可能 
※週のトレーニング回数は自由に設定できます。上記以外の時間帯でも受講可能です。ご相談ください。

中学生・高校生
毎週月~金曜日 1~3コマ目から時間決定
 
※受講時間帯は各学年の「個別指導コース」の授業時間をご参照ください。週のトレーニング回数は自由に設定できます。

受講費(R6 4月より)

​​各学年共通 
1コース受講 ¥5,800
(税込/週1回・月4回あたり)  
2コース受講
 ¥8,200(税込/週1回・月4回あたり)
個別指導コースと併用の場合 
1コース受講 ¥4,800税込/週1回・月4あたり)​ 
2コース受講 ¥6,800(税込/週1回・月4回あたり)

bottom of page