さあ、時は満ちた。いざ勝負。

こんにちは。塾長です。

明日はいよいよ公立高校の受験日です。


本当にここまであっという間でした。生徒からすると、なおさら早かったのでは?

あとは、今までやってきたことを出し切るのみです。

中3受験生のみんなには、一人一人お手紙を渡しています。今一度今日読み返して確認してみてください。


おそらく、この入試は、今まで受けてきた習熟度テストや、模試の問題のどれよりも問題文が長く、難しく感じると思います。とにかく、自分に出来る精一杯をやればいいんです。緊張するのも、普段通りの精神状態になれないのも当たり前。みんな同じです。


ただ、当たり前のことをしっかりやってください。①問題をよく読むこと ②残り時間と時間配分をよく考える事 ③しばらく考えてわからなかったら、こだわらず先へ進むこと ④友達と答え合わせをしないこと そして、最後まであきらめずやり切ること。

焦らなくて大丈夫です。深呼吸して落ち着きましょう。

少々寝られなくても大丈夫。入試の最中はそんなことも忘れています。


明日、中3受験生の皆さんが、「やるだけのことはやった」と胸を張って言える1日になるよう祈っています。 

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは。塾長です。高校生の皆さんは中間テストお疲れ様でした。いかがでしたか?前回のブログにも記載しましたが、1年生はまだまだ、どのような時間配分で学習を進めていけばいいのか、わからない部分も多かったと思います。結果を踏まえてしっかりと担当講師と反省し、次回のテストで何をどうしていけばいいのか、修正していきましょう。PDCA(plan do check action)サイクルですね。 中

皆さんこんにちは。塾長です。高校生の中間テストが迫ってきました。 高1はまだそれほど範囲が広いというわけではないのですが、それでも科目数の多さと、中学校とは違う難易度に、苦戦している生徒が多数です。一番問題なのは、どのように準備していいかわからないということだと思います。 今までは塾のテキストだったり、学校ワークだったり、これをやっていれば何とかなるというものがあったのですが、英語など準拠ワークと