どの学校を受験したらいい?~高校編~

皆さんこんにちは。塾長です。

昨日も生徒コロナ陽性の連絡があり、バタバタしていました。夏期講習からとても感染が目立ちました。もちろん感染すること自体不可抗力なので、しょうがないことです。一日も早く復帰されることを願うばかりなのですが、今回わかったことが一つ、医療従事されておられる方には当然なことだと思うのですが、個別指導塾での指導の場合、マスクをしていれば濃厚接触者には当たらないということ。私は全くこの辺りに無知だったので、保健センターの方に聞いて初めて知りました。細かいことはしっかり知っておかなくてはいけませんね。

当塾では、授業の開始終わりに、机周りや椅子の消毒を必ず実施しています。今後も最善を尽くしたいと思っていますので、よろしくお願いします。また、お願いなのですが、マスクについては、できれば不織布のマスク着用をお願いできると幸いです。


ところで、話は変わりますが、最近タイトル内容の相談を塾生や保護者の方から受けることが多くなってきました。

塾生の相談で多いのが、「まったく将来やりたいことがわからない。だからどんな高校に進学したらいいのかわからない」ということです。特に中学生で、それがはっきりしているお子さんは極めて稀かと思います。

行きたい高校がはっきりしている場合は、目指して頑張るだけだと思いますし、我々の立場で言うと、一生懸命に頑張って努力した結果で高校に進学して欲しいと思います。


保護者の皆さんの立場からだと、「どの高校がわが子に合っているのか」ということでしょうか。正直どの高校でも、入れば徐々になじんでいくのは間違いないですが、保護者の方が考えるべきことは、その先の子育ての考え方、方向性を、ご家庭で統一しておくべきことかなと思います。


ここからは、色々と考察してみようかなと思いますが、まずは「普通科」と「工業科、商業科」それから「看護科など」についてです。


まずは普通科がある高校の2022進路状況で、公開されている高校のリンクを貼っておきます(とりあえず公立高校)。


山口中央高校  山口高校学校詳細)  

西京高校 (※令和2年度データで、総合ビジネス、情報処理、体育コース含まれています)

防府高校 (※看護科含む) その他高校は各ホームページでご確認ください


やはり普通科はほぼ4年制大学に進学しています。入ることが難しい高校になればなるほど、国公立大や、有名私立大学への進学が多くなります。そうでなければ短大や専門学校(公務員学校含む)の割合も多くなってきますが、いずれも高校卒業して就職する割合はわずかです。

普通科に関しては、「何をしたいかがこの時点であまり明確でない場合、その先の選択肢(大学進学)を期待して入学する」パターンがでしょうか。特に山高など、このあたりのトップ進学校は、行きたいから行く、という生徒の強い思いや、保護者の強い思いが働く場合が多いです。全体が行きたい大学を目指すという雰囲気があるため、保護者の方がそれを求めておられる場合も多いですね。

ただし、いわゆる普通科(特に進学校)は徹底的に勉強をさせられます。それぞれ高校は、大学進学の実績を作るため生徒を指導していきます。似た学力の生徒が集まってくるため、特に一生懸命頑張って頑張ってその高校に入った場合は、その頑張りをずっと続けないとついていけない。頑張っても頑張っても上位に浮上できない、いわゆる「低浮上」の生徒になってしまうことも多くあります。


野田や慶進などの私立高校は、このあたりの高校を志望する生徒の受け皿となっているのが、山口の現状です。しかし、本当にご家庭の意識が大学進学へ向いている場合は、中学受験で私立中学に入学させ、中高一貫で大学進学を目指している場合も少なからずあります。


次に商業、工業科などです。

防府商工  防府高校看護科は上記のデータ内・・ほぼ専攻科進学

山口農業高校学校詳細


その学校にどのような求人が来るかによりますが、学習の中で学習、取得した資格等を生かしながら、高校を卒業して就職する生徒の割合が多くなります。また同じくらい専門学校へ進学する生徒が多いです。農高などは大部分が専門に進学していますね。農業関係に従事、進んでいる生徒はあまりいません。

看護科はこれらと少し意味合いが異なり、高校に入る時から看護師になることを決めている場合が多いので、ほぼその上の専攻科に進み、看護師資格の取得を目指すことになります。


看護科は除きますが、それ以外の学科受験については、「進学するつもりがあまりなく、卒業後働きたいと思っている」場合か、言い方は悪いですが「行きたい普通科に届かないので、公立ということで進学する」パターンが多いです。


いずれにせよ、以前のブログでも書きましたが、大切なのはお子様の考え方と、親の考え方のすり合わせです。親側の考えを伝える場合でも、「なぜそう考えているのか」を丁寧に伝える努力をしていただきたいものです。またお子様の考えを尊重することも大切にしていただきたいなと思っています。


閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは。塾長です。9月末から10月にかけて、中3は3回目の習熟度テスト、一部中学校で修学旅行、そしてその後中間テスト、文化祭、そしてすぐに4回目習熟度・・・ 目が回るスケジュールです。とにかく目の前の目標を見据えて、メリハリ付けて動きましょうね。 8月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。6月の習熟度に比べ、随分と平均点は下がっています。ただし、付属中などは平均点200を超

皆さんこんにちは。塾長です。現在高3は共通テストの出願表作成を行っており、複数の生徒たちから、出願科目含む相談を受けています。 共通テストを受ける生徒たちは、皆目的ははっきりしていて、国公立大学を第1志望としています。進学校に通っている生徒です(山口県の進学校生徒は、届くのならば国公立志望とする場合がほとんど)。国公立大学を第1志望とし、一般受験にチャレンジしていく高3生は、行きたい大学がはっきり