中学中間テスト結果と今後の考察

更新日:6月3日

皆さんこんにちは。塾長です。中学の新学年中間テストが一段落しました。各学校作成される先生により、難易度や傾向は当然異なると思いますが、範囲の学んだ内容をしっかりと理解、暗記し、問題練習を繰り返すという準備をして臨めば、対応ができるテストです。入試や実力テストは出題範囲がしっかりと決まっていないため、様々なことに対応できる能力を準備段階で磨いておかなければなりませんが、定期テストは、出題範囲が狭く、はっきりしているため対応がしやすいテストです。


暗記、そして状況理解できる能力や、集中して学習できる時間等、指導時に感じる生徒ごとの個人差は大いにあります。ただそれを抜きにして、それぞれ科目で点数を上げていくためには、今何が足りず、今後どうしたらいいのか、思うところをとりあえず書きたいと思います。次回の期末テストもすぐに迫っていますので、修正すべきところは修正していきましょう。


①各科目の学習時間のバランスをとろう


好きな科目、自信がある科目とそうでない科目の学習時間が、著しく違っていませんか?YCKがテスト前に渡す計画表では、学習を進めていく優先度合いが記してあり、何をしていくかを指定していますが、生徒によっては、科目によって学習頻度が偏っている場合が多いです。


理想は、社会と英語暗記科目からスタート(社会は1回目学校ワーク、英語は本文暗記や塾テキスト使った単語イディオム暗記+学校ワーク1週目)し、この暗記部分を最低テスト1週間前までには終了させる、その後、全科目問題演習を通じてできる問題とできない問題の仕分けをし、できない問題は解答や講師に質問することによって解決する。その後、学校からもらうプリントや塾テキスト、学校ワークの2回目などをやることで、自分の力でアウトプットし、問題を自力でできる自信を高めていく。テスト前日は全体の見直しをかけたのちに、テストに臨む。こんな感じでしょうか。


学習のバランスを保っていくには、計画表が必要だと思います。その場の気分で学習することをやめてみましょう。学校から定期テスト用の計画表が毎回渡されると思いますが、学校や塾から提示されたやらなければいけないことを、自分の毎日の生活の中でどのように進めていくかは、しっかり自分で時間の計画表を作り、やっていくものを決めていかなくてはいけないと思います。個人によって、問題を進めていったり、できる状態になるまでにかかる時間は異なります。自分でそれを考えて、学習する時間や、テスト勉強を始める時期は決めていきましょう。結果が出ていない過ごし方と同じことをやっていては、また結果が出せないのは当然です。


②テスト勉強は、自分一人で解ける状態になることを心がけよう。


各学校、テスト前に学校ワーク提出が必須になっているところがほとんどだと思います。ワークや塾テキストなどをやっていくことが「空欄を埋める作業」になっていませんか?


テスト勉強で一番大切なことは、「問題を自分だけの力で解ききる状態を作れているか」です。生徒にも多いのですが、講師に教えてもらってわかった気になり、それをもう1度自分で解きなおしてみることをしないだとか、答えを見ながら回答しておきながら、その問題がテストでできると勘違いしている場合が多いです。


目標点数は何点なのか、個人差はあるので、自分ができるレベルの少し上、少したくさんの量を自身の力だけで解ききれるように意識してテスト準備を進めてみましょう。正直できる問題や、すでに覚えてしまっているものはいいんです(すぐ記憶から消えちゃうと自分で思うのだったら繰り返しましょう)。自分の中で怪しいものや微妙なものを見つけながら、出来るだけ範囲の隅から隅まで覚え、問題を解けるようにしたもん勝ちなんですね。これを全体範囲の何%仕上げているかで、定期テストの点数は決まってきます。私たち講師はこれについて、「この生徒は~くらい仕上がっているな」「全然仕上がっていないやん」とテスト前の授業でチェックをしていきます。


よく、「勉強しました!」「ワーク2回やりました!」「わからないところないです!」とテスト前に話している生徒でありながら、定期テストが振るわない場合がありますが、厳しい言い方だと、上記の「自分の仕上げ具合」が甘いということです。自分が出来る問題を繰り返しやって、自分にストレスを与えない、楽な勉強をしているということです。自分がわかっている問題のみを繰り返したり、意味もなくノート整理(書く事を楽しむ)することは、勉強ではなく「作業」だと考えています。

自分ができない部分をまずはしっかり見つめるようにしましょう。おそらく自分でも原因は少しはわかっていると思います。講師から(特に塾長から)耳の痛いお小言を言われる生徒もたくさんいますよね(笑)。そこに立ち向かうことはストレスを感じるとても嫌な作業ですが、これに取り組むことが毎回できれば、おのずと点数は上がってくると思います。


6月に入りました。中3はすぐ習熟度テスト、後半には期末テストがあります。次の期末テストは、学習単元の難しさもあり、確実に中間テストよりも難化すると思います。早め早めの準備含め、しっかりここに書いたことを意識しながら、頑張っていきましょう!





閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

11月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。前回に比べ、平均点はガタ落ちです。大体平均点は前回に比べ、およそ20点ほど下がっているような状況です。特に数学の平均点が低く、対して英語の平均点はかなり上がっています。英語は簡単だったようですね。 以下点数による偏差値対応表と、各高校の基準偏差値(当塾が参加している模試会社からのデータ)を記します。 もちろん、すべての学校のデータを集めてい

10月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。8月の習熟度に比べ、随分と平均点は上がっています。 以下点数による偏差値対応表と、各高校の基準偏差値(当塾が参加している模試会社からのデータ)を記します。 もちろん、すべての学校のデータを集めているわけではなく、正確なものではありませんので、あくまで数字は参考までにとどめておいてください。大体の現在の立ち位置を考える基準になればいいかなと思