公立高校入試平均点公表

更新日:2021年5月14日

塾長です。

昨年度の公立高校入試の平均点が発表されましたね。

詳細は以下の通りです。


国語 28.9点(昨年度比-0.5)

社会 33.2点(+0.1)

数学 25.7点(+4.4)

理科 31.0点(+7.7)

英語 27.4点(-1.9)

合計 146.3点(+10.1)


昨年度の数学と理科の平均点が非常に低かったため、両科目とも上がっています。特に理科は大幅上昇でしたね。

社会含め、やはりコロナ禍で全科目に選択問題が登場し、自分ができる問題を選択できる状況になったことが大きいと思います。


入試後、中3生に聞いたところ、数学が難しかったという声が多かったような気がします。全科目の平均点でも数学が一番低いので、特に数学があまり得意でない子は、思考が及ばない問題も散見されたような気がしますね。


当たり前ですが、できる問題を確実に取ることが、非常に合否に直結するなと。あとは、理社の出来ですね。理社がしっかり取れた生徒は、合格に近づけたのかなと思います。

とにかく高校入試は、得意科目に頼る戦略は非常に危険です。まんべんなく自分ができる問題を取り切ることが、合格につながります。


今年から指定教科テストが廃止になりますが、その分一般の入試問題の中に、より思考力を問う問題が増加します。手が付けられない、考えが及ばない問題も増えてくると思います。


だからこそ、全科目まんべんなく、できる問題をしっかり答える、これが本当に大事です。


 

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは。塾長です。高校生の皆さんは中間テストお疲れ様でした。いかがでしたか?前回のブログにも記載しましたが、1年生はまだまだ、どのような時間配分で学習を進めていけばいいのか、わからない部分も多かったと思います。結果を踏まえてしっかりと担当講師と反省し、次回のテストで何をどうしていけばいいのか、修正していきましょう。PDCA(plan do check action)サイクルですね。 中

皆さんこんにちは。塾長です。高校生の中間テストが迫ってきました。 高1はまだそれほど範囲が広いというわけではないのですが、それでも科目数の多さと、中学校とは違う難易度に、苦戦している生徒が多数です。一番問題なのは、どのように準備していいかわからないということだと思います。 今までは塾のテキストだったり、学校ワークだったり、これをやっていれば何とかなるというものがあったのですが、英語など準拠ワークと