受験と自習室とオミクロン

皆さんこんにちは。塾長です。

またオミクロン株中心にコロナ感染者が増えてきました。正月の帰省シーズンを挟んだこの時期、まだまだ感染者は増加することでしょう。

山口市も、他の山口県の市と同様に増えていますね。塾内の消毒作業や換気など、さらに徹底していきたいと思いますが、やはりリスクを0にすることは難しいという事実があります。この受験期頭が痛いところです。


先日のニュースで、文科省が、受験生がコロナの濃厚接触者になった等の理由で大学入試共通テストを受験することが困難になった場合に、各国公立大や私大に対して、二次試験のみで合否判断が出来るようお願いする旨の通達があったらしいですね。受験生の今までの努力を無視するような通達だと思います。共通テストには追試がありますし、もっと1年頑張ってきた受験生に最大限報いる施策をお願いしたいと思います。

本当にこのコロナ禍は、受験生をかき回します。


当塾では毎年中3生中心に、この時期から、自宅でうまく勉強でないのであれば、とにかく自習室に入れと繰り返し伝えています。送迎の都合など、なかなか難しい場合もあると思いますが、毎年、開放日に自習室に必ず入って自習を続けた生徒は、ほぼ全員志望校に合格しているという事実があります。これは、わからない部分を講師の空き時間に直接指導できるということもありますが、どのようなペース配分で学習をしていけばいいかを、自習しているときに直接本人に伝えることをしているからだと思います。

今年も受験生には自習室を使ってほしいなとは思うのですが、このコロナ禍でおいそれとそう言いにくい状況下ではあります。難しいところですね。

でも、自分で勉強できないのであれば、自習室を利用してください。開放日と時間は月の予定表で確認して下さね。


中3の今後の学習配分について、「理科社会で点を稼ぐ」ことが大切なポイントになると考えています。他の教科に比べて、点を上げやすいからです。毎日複数科目を学習していただきたいと思うのですが、その中で理社を欠かさないようにするといいかなと思います。まずは私立入試、手持ちの問題集をしっかり仕上げて臨んでほしいと思います。


また、中3生に対しては、この時期から時間を決めて入試対策プリントを実施していく授業に切り替わっていきます。決められた時間枠の中で最大限の問題を解くにはどうしたらいいのか、少しづつ練習していきます。大学入試でもそうなのですが、わからない問題を飛ばして、できる問題から手をつけていくことは、とても大切な戦略です。


なかなかまとまりのない文章でしたが、今から3月まで、様々な受験スケジュールが変更となる可能性もあります。新しい情報ははっきりしたうえで、このブログ内に紹介していきたいと思います。


閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

11月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。前回に比べ、平均点はガタ落ちです。大体平均点は前回に比べ、およそ20点ほど下がっているような状況です。特に数学の平均点が低く、対して英語の平均点はかなり上がっています。英語は簡単だったようですね。 以下点数による偏差値対応表と、各高校の基準偏差値(当塾が参加している模試会社からのデータ)を記します。 もちろん、すべての学校のデータを集めてい

10月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。8月の習熟度に比べ、随分と平均点は上がっています。 以下点数による偏差値対応表と、各高校の基準偏差値(当塾が参加している模試会社からのデータ)を記します。 もちろん、すべての学校のデータを集めているわけではなく、正確なものではありませんので、あくまで数字は参考までにとどめておいてください。大体の現在の立ち位置を考える基準になればいいかなと思