国公立大入試についてのお話

最終更新: 6月24日

皆さんこんにちは。塾長です。今回は、国公立大学に合格する方法について、どのようなものがあるかを、地元山口大学を例に紹介してみたいと思います。


まず、推薦入試について。推薦入試は大きく分けて、総合選抜型(AO入試)と、学校推薦型に分かれます。


まず、総合選抜型ですが、基本的に受験生が自己推薦にて申し込むもので、特に学校長の推薦が必要なわけではありません。山口大学では、人文学部・教育学部・経済学部・理学部・工学部・国際総合科学部にて実施されています。

まず書類等で第1次選抜を行い、2次選抜選考では面接が行われたのちに、講義を聞いて、それに関するレポート作成を課されます。募集人数は、全定員のおよそ10%弱ほどになります。


それから学校推薦型ですが、学校長の推薦が必要であり、評定平均の条件もあります。山口大学を例にとると、共通テスト結果を課されないⅠ型と、共通テスト必須のⅡ型があります。山口大学では、Ⅰ型は教育学部・経済学部・理学部・農学部で実施され、Ⅱ型は人文学部・教育学部・理学部・医学部・工学部・共同獣医学部で実施されます。

Ⅰ型、Ⅱ型両方とも、面接と小論文が課されます。Ⅱ型はそれに加え、共通テストの結果が合否判断となります。

募集人数は、Ⅰ型、Ⅱ型併せて、総合選抜型の3倍程度。こちらの方が募集人数は多いです。


最後に一般入試です。

国公立大を一般入試で受験する場合、まず1月に実施される共通テストを受けなければなりません。大学や学部によって、何教科何科目受けなければいけないかが決められています。

その共通テストの結果によって、受験生はどの大学に出願するかを決めます。


河合の難易度一覧表です。

https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/


受験は前期日程、中期日程、後期日程の3種類があり、第1志望の大学は前期日程で受験します。大学によって、共通テスト結果におけるボーダーラインが出ますので、それをにらみながら出願を決めていくようになります。また大学により、共通テストと2次試験の配点割合が異なるので、そのあたりも考慮するようになります。出願は前期中期後期とも同時に出願しなくてはならないため、後悔しない出願が大切になります。


多くの大学で前期定員が一番多く、後期の定員は少ないです。それにより後期の倍率がすごく高いように見えますが、前期合格者は後期を受けないですし、前期不合格でも併願した私立大学に進学する場合も多いので、実質的な倍率はそうでもないです。ただし、一般的には後期の難易度の方が、前期よりも高くなります。

山口大学の後期だと、前期九州大学や広島、岡山などを受験した層が受験してきますので、その分競争率は高くなります。










9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月の予定について

皆さんこんにちは。塾長です。 8月の予定表を添付いたします。 主な予定は 8月7日(土)中3入試対策講座 南校 8月8日(日)中3入試対策講座 本校 8月13日~16日 休塾日 8月21日(土)中3入試対策講座 本校 8月22日(日)中3入試対策講座 南校 となっています。 8月30日(月)から通常授業に戻りますが、8月31日(火)は休塾日となっておりますので、ご注意ください。 それでは、夏期講習

夏期講習期間が始まります。

皆さんこんにちは。塾長です。 明日から夏期講習期間がスタートいたします。塾生及び外部生の皆さんからたくさん申し込みをいただきました。ありがとうございます。 昨日各ご家庭に、期間中の授業予定や注意事項などを記した確認書を送付しています。ご確認いただいて、ご不明な点はお気軽にお尋ねください。 受験生にとっては、今までの自分の足りない部分を時間をかけて補っていける、まさに唯一の期間と思います。 高校3年