山口・防府校区 学校紹介⑩~防府西高校~

こんにちは。今日は防西の記事を書こうと思います。


防府西高校は総合学科のみからなる公立高校です。2年になる時に様々な選択科目から、自分が興味があるもの、その先の進路に必要なものを選択して履修していくスタイルです。ですので、普通に2年生から数学がなくなるといったことが発生します。

全校生徒数が公表されていますが、男女比が1:3で、女子生徒が圧倒的に多いです。


昨年度志願倍率は1.4倍。その前が1.6倍となっています。1学年の定員140名中、推薦枠が56人。定員の4割が推薦入試で決まってしまいます。一般入試はその残りの枠での競争となるので、毎年倍率は高くなります。推薦入試ですが、部活がらみの合格者が多いイメージです。女子バレーとか、吹奏楽とか、その他スポーツ系部活関連の推薦合格者は多いと思います。ですが、4割も推薦で合格するので、やはり防府西に行きたい子は、まずは推薦を考え、ダメだった時に一般で挑戦するというパターンになると思います。


卒業後の進路ですが、国公立大の合格者について、令和元年までは毎年2~3名という状況だったのが、今年は10名を超えていました。その年の生徒のレベルにもよりますが、進学に力を入れようとしていることがわかります。

以前、当塾大学入試対策コースの防府西の生徒で、下関市立大に合格した生徒がいたのですが、その時に学校は先生総出でその子の補修勉強をしてくれていました。先生に塾でどのような参考書を使っているのかを教えてくれと言われていたそうです(汗)

ただ、全体としてみると、私大含め4年制大学に進学する生徒は30名程度。残りの生徒は短大、専門、就職となっています。


防府西に当塾から一般合格した生徒は、最後の習熟度テストが110~120点あたりでした。夏あたりは合計100点取れなかったのですが、そこから頑張り、結局本番で合格しています。防府西も一般入試の戦略としは西京などと同じです。わからない問題をわかるようにさせようとすることは合格につながりにくい。その子がわかる問題、できる問題を選定しながら、練習するように指示をしていく、ここが大切だと考えます。



閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは。塾長です。9月末から10月にかけて、中3は3回目の習熟度テスト、一部中学校で修学旅行、そしてその後中間テスト、文化祭、そしてすぐに4回目習熟度・・・ 目が回るスケジュールです。とにかく目の前の目標を見据えて、メリハリ付けて動きましょうね。 8月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。6月の習熟度に比べ、随分と平均点は下がっています。ただし、付属中などは平均点200を超

皆さんこんにちは。塾長です。現在高3は共通テストの出願表作成を行っており、複数の生徒たちから、出願科目含む相談を受けています。 共通テストを受ける生徒たちは、皆目的ははっきりしていて、国公立大学を第1志望としています。進学校に通っている生徒です(山口県の進学校生徒は、届くのならば国公立志望とする場合がほとんど)。国公立大学を第1志望とし、一般受験にチャレンジしていく高3生は、行きたい大学がはっきり

皆さんこんにちは。塾長です。 昨日も生徒コロナ陽性の連絡があり、バタバタしていました。夏期講習からとても感染が目立ちました。もちろん感染すること自体不可抗力なので、しょうがないことです。一日も早く復帰されることを願うばかりなのですが、今回わかったことが一つ、医療従事されておられる方には当然なことだと思うのですが、個別指導塾での指導の場合、マスクをしていれば濃厚接触者には当たらないということ。私は全