山口・防府校区 高校紹介①~山口高校~

更新日:2021年5月16日

皆さんこんにちは。塾長です。

今日から少しづつ、当塾から中3受験者が多い高校の紹介を、少し主観も入りますが投稿していきたいと思います。


まずは山口高校。山口市、防府市では公立では1番手の進学校です。その歴史は古く、卒業生には「佐藤栄作」「岸信介」安倍元首相のお父様「安倍晋太郎」など、政治の中心で活躍されてきた方初め、作家の重松清さんなどがいらっしゃいます。

スポーツも盛んで、バスケットボール部やラグビー部、サッカー部などは県でも強豪校として知られています。


現在定員は1学年300人(普通科260人・理数科40人)、その内理数科のみ12人ほど推薦枠があります。志願倍率は普通科1.3倍、理数科1.3倍(今年度)です。ただし、理数科不合格の際、普通科で合格が出ますので、普通科の実質的な倍率は若干高いと思います。

少子化の影響等で普通科定員が以前と比べ少なくなってきました。今年もでしたが、年々狭き門になっている感じはします。


進学実績については、ホームページに詳しく記載されていますが、全校生徒のおよそ50~60%ほどが国公立大学に現役で進学します。今年はコロナ禍が影響したのか、山口大学の合格者が74人ととても多かった印象です。また、東大や京大の合格者も若干名ですがいて、全体的に非常に学力が高い生徒が多く存在します。


今年合格した中3生徒は、およそ習熟度テスト平均210点~230点あたりをとっていましたので、このあたりの点数をコンスタントにとれていれば、安全圏なのかなと思います。

200点前後では結構危険かなと思いますし、入学した後かなりの学習量及びレベルを要求される学校ではあるので、受験そして入学する場合は、その後の大学進学への目的・意気込みをもって、入試時の学習を高校入学後もしっかりと続けていく覚悟を持つ必要があるのかなと思っています。

閲覧数:59回

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは。塾長です。9月末から10月にかけて、中3は3回目の習熟度テスト、一部中学校で修学旅行、そしてその後中間テスト、文化祭、そしてすぐに4回目習熟度・・・ 目が回るスケジュールです。とにかく目の前の目標を見据えて、メリハリ付けて動きましょうね。 8月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。6月の習熟度に比べ、随分と平均点は下がっています。ただし、付属中などは平均点200を超

皆さんこんにちは。塾長です。現在高3は共通テストの出願表作成を行っており、複数の生徒たちから、出願科目含む相談を受けています。 共通テストを受ける生徒たちは、皆目的ははっきりしていて、国公立大学を第1志望としています。進学校に通っている生徒です(山口県の進学校生徒は、届くのならば国公立志望とする場合がほとんど)。国公立大学を第1志望とし、一般受験にチャレンジしていく高3生は、行きたい大学がはっきり

皆さんこんにちは。塾長です。 昨日も生徒コロナ陽性の連絡があり、バタバタしていました。夏期講習からとても感染が目立ちました。もちろん感染すること自体不可抗力なので、しょうがないことです。一日も早く復帰されることを願うばかりなのですが、今回わかったことが一つ、医療従事されておられる方には当然なことだと思うのですが、個別指導塾での指導の場合、マスクをしていれば濃厚接触者には当たらないということ。私は全