山口・防府校区 高校紹介⑨~防府商工~

こんにちは。塾長です。今日は防府商工です。


防府商工は、商業科、情報処理科、機械科の3つの科から成る公立高校で、定員はそれぞれ120名、40名、80名となっています。機械科は3年時にコース分けされ、生産、制御、環境のコースがあります。


昨年度の倍率は、商業科1.5倍、情報処理科1.3倍、機械科1.5倍でしたが、商業と情報処理は隔年で倍率の高低が変わっていますが、全体的に倍率は高い方だと思います。また推薦で毎年どの科も定員の30~40%ほど枠があるので、その面からも一般入試倍率は高くなっています。


進路は商業科、情報処理科では、就職より進学する生徒の方が多いようです。毎年20名前後国公立大に進学しているようです。推薦入試がほとんどだと思いますので、日ごろの学校の成績が大切なのは、いうまでもありません。また、機械科は就職の割合が多くなっています。


習熟度の点数で言うと、西京高校とあまり差がないように思います。商業科と情報処理に関していえば、情報処理の方が若干難易度が高いイメージですが、西京普通科と同程度の難易度と考えますので、習熟度テストで150点以上平均ほしいところです。機械科はそれより若干難易度は落ちます。

閲覧数:212回

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは。塾長です。高校生の皆さんは中間テストお疲れ様でした。いかがでしたか?前回のブログにも記載しましたが、1年生はまだまだ、どのような時間配分で学習を進めていけばいいのか、わからない部分も多かったと思います。結果を踏まえてしっかりと担当講師と反省し、次回のテストで何をどうしていけばいいのか、修正していきましょう。PDCA(plan do check action)サイクルですね。 中

皆さんこんにちは。塾長です。高校生の中間テストが迫ってきました。 高1はまだそれほど範囲が広いというわけではないのですが、それでも科目数の多さと、中学校とは違う難易度に、苦戦している生徒が多数です。一番問題なのは、どのように準備していいかわからないということだと思います。 今までは塾のテキストだったり、学校ワークだったり、これをやっていれば何とかなるというものがあったのですが、英語など準拠ワークと