山口県公立高校入試志願者確定

更新日:4月8日


公立高校入試の最終志願者数が確定いたしました。


https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/uploaded/life/148551_267732_misc.pdf


全日制 定時制


前回の一次志願倍率の公開から比べると


防府西     2.1倍 → 1.5倍

防府商工 商業 1.5倍 → 1.4倍

  〃  情報 1.7倍 → 1.6倍

  〃  機械 1.2倍 → 1.1倍

山口   普通 1.4倍 → 1.3倍 

        ※普通科は実際は理数科から降りてくるので、もう少し高いと思います。

  〃  理数 2.0倍 → 1.9倍

西京   普通 1.5倍 → 1.4倍

山農   生生 2.2倍 → 1.7倍

  〃  食品 0.9倍 → 0.8倍

  〃  生科 1.3倍 → 1.1倍  

  〃  環境 1.1倍 → 1.2倍


このような状況です。


ある程度一次倍率が高かった高校は、志願者が移動していますね。また農高の昨年度に比べての倍率低下がかなり目立ちます。2020年度から始まった私立高校に通う高校生への国の就学支援金上限引き上げなどの影響で、普通科志向から私立高校を選択するご家庭が増えたのか、その真意はわかりません。ただ、少子化の中で大学や専門などへの進学率が上昇している現在、普通科を選ぶご家庭が目立ってきたのは事実なのかなと思います。


色々倍率について書きましたが、正直倍率はどうでもいいと思っています。受かるかダメかの50/50です。あと1週間ちょっと。悔いの無い時間を、塾生には過ごしてほしいと思っています。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは。塾長です。高校生の皆さんは中間テストお疲れ様でした。いかがでしたか?前回のブログにも記載しましたが、1年生はまだまだ、どのような時間配分で学習を進めていけばいいのか、わからない部分も多かったと思います。結果を踏まえてしっかりと担当講師と反省し、次回のテストで何をどうしていけばいいのか、修正していきましょう。PDCA(plan do check action)サイクルですね。 中

皆さんこんにちは。塾長です。高校生の中間テストが迫ってきました。 高1はまだそれほど範囲が広いというわけではないのですが、それでも科目数の多さと、中学校とは違う難易度に、苦戦している生徒が多数です。一番問題なのは、どのように準備していいかわからないということだと思います。 今までは塾のテキストだったり、学校ワークだったり、これをやっていれば何とかなるというものがあったのですが、英語など準拠ワークと