山口県公立高校第1次募集登録倍率発表

皆さんこんにちは。塾長です。昨日推薦入試合格発表が行われました。合格された塾生の皆さん、本当におめでとう!

それに伴って、第1次の公立高校登録倍率が発表されましたね。

https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a50300/r4senbatsu/r4touroku.html


まず、名目登録倍率と登録倍率の2つの倍率が表には掲載されていますが、名目登録倍率の方は、簡単に言うと推薦合格者含めた定員と志願者数で計算されたものですので、実際に残り定員に対して何人の志願者が現時点でいるかの目安は、登録倍率の方を確認されるといいと思います。また、倍率は小数第2位を四捨五入して計算してあります。


これをもとに、2月21日から25日午前10時まで出願を受け付け、最終倍率がその後に発表されます。今回の第1次倍率をみて、上記期間に志望校を変える動きがありますので、倍率も変わる可能性があります。最終倍率はあたらめてご紹介したいと思います。


細かい倍率等は表をご確認いただければと思いますが、とにかく評定点+入試得点で合格最低点を超えればいいわけなので、あまり気にされなくていい(気にしてもしょうがない)と思います。それよりも、自分に負けないでしっかり学習を継続してください。この倍率をモチベーションに変えて頑張りましょうね。


公立高校入試を受験する中3は、今テスト形式で時間を測りつつ問題練習を行っていますが、だんだんといろんなものをやりすぎて、頭の整理ができていない生徒が出てきつつあります。そんな時は一度立ち止まって、今までやった問題や基本問題を再度やってみる、そして大切だったところを確認する時間を作りましょう。本番の公立高校入試は、おそらく今までのどの習熟度テストよりも難しい。だからこそ「点をたくさん取る」というよりは、「いかに点を落とさないか」が大切になります。自分がミスしやすい点は何か、一度やったけれども忘れている分野、単元はないか、それらをチェックして、もう一度問題を解きなおす時間を作ってみてください。




閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは。塾長です。高校生の皆さんは中間テストお疲れ様でした。いかがでしたか?前回のブログにも記載しましたが、1年生はまだまだ、どのような時間配分で学習を進めていけばいいのか、わからない部分も多かったと思います。結果を踏まえてしっかりと担当講師と反省し、次回のテストで何をどうしていけばいいのか、修正していきましょう。PDCA(plan do check action)サイクルですね。 中

皆さんこんにちは。塾長です。高校生の中間テストが迫ってきました。 高1はまだそれほど範囲が広いというわけではないのですが、それでも科目数の多さと、中学校とは違う難易度に、苦戦している生徒が多数です。一番問題なのは、どのように準備していいかわからないということだと思います。 今までは塾のテキストだったり、学校ワークだったり、これをやっていれば何とかなるというものがあったのですが、英語など準拠ワークと