私立大入試についてのお話

皆さんこんにちは。塾長です。

先日山大を例に、国公立大学入試のお話をしたので、今回は私大入試のお話です。

とりあえず山口県の高校生が併願で受ける機会の多い福岡大学を例にとります。


私大入試の一番のメリットは、たくさんの入試方法があり、その分合格するチャンスが増える ということです。ただし、ここ最近の共通テスト実施による国公立離れもあり、人気の私大は倍率が高くなる傾向があります。とくに、福岡大学や広島修道大学などは、コロナ禍の学生の地元志向による受験者増で、かなり難易度が上がったイメージがあります。


それでは福岡大学に入る方法としてはどのようなものがあるのかを、順に紹介します。まずは推薦入試です。


❶指定校推薦・・各高校に割り当てられる推薦入学者枠です。枠の数は高校によって異なります。評定など様々な競争を勝ち、枠を獲得することができれば、よっぽどのことがなければ入試を経て合格が出ます。ただし、この指定校推薦については、学力レベルが低いにもかかわらず大学に入学し、進級できずに大学を辞めてしまったりする生徒がいるなどの問題もあり、指定校枠がなくなっていく高校もあります。学校によってはこの指定校入試について、「学力レベルを上げてから受けるように」「安易に指定校を考えないでほしい」と保護者や生徒に伝えているところもあります。


❷学校推薦型選抜・・学校長推薦付きの推薦入試で、面接と筆記試験が課されます。指定校とは違い、受かる保証はありません。昨年度の商学部商学科の倍率は3.2倍です。筆記試験も、一般入試に準じた問題が出題されるので、しっかり準備して臨まないと得点できません。


❸総合選抜型推薦入試(AO)・・自己推薦型の推薦入試です。グループディスカッションや小論文が課されます。


次は一般入試ですが、福岡大学はおよそ5種類の入試方法があります。

❶共通テスト利用入試 ❷系統別入試 ❸前期入試 ❹共通テスト併用入試 ❺後期入試です。


細かい説明はしませんが、共通テスト利用は共通テストの結果のみで合否が出ます。共通テスト結果のみですので、高得点を取っていないと合格になりません。また、共通テスト併用入試は共通テストの一部科目の点数+福大独自入試の合計得点で合否が決定するものです。


日程によりますが、全部受けたら5回合格のチャンスがあることになります。もちろんそれぞれに受験料がかかりますし、複数受験の場合割引制度を設けているところもあります。とりあえず1つでも合格ラインを超えれば勝ちです。私立一般入試はこういうイメージです。


また一般入試で福岡大学が独自に実施する入試は、ほぼ3科目入試です。国公立入試に比べ学習しなくてはいけない科目数が少なくなるため、学生の負担が少なくなります。

しかし人気のある大学では、入試問題難易度や競争率が高くなるため、合格するのは大変です。たとえば、山口大学の合格者でも、福岡大学5回受けて全滅なんてことは、あたりまえに起こります。


私大入試については、入試スケジュールをどのように考えていくのかが非常に重要になります。いくつか受けて、合格した大学の中から、どの大学に入学金を払うのかを決めていかないといけません。入学金を納める期日も考慮しながら、受験校を決定しないといけないのです。国公立大学が第1志望の場合は、とりあえず合格した私大の中からキープしておきたい大学に入学金を納めることになります。国公立に合格して、入学金を納めた私大に行かないという状況になっても、納めた入学金は戻ってきません。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月の予定について

皆さんこんにちは。塾長です。 8月の予定表を添付いたします。 主な予定は 8月7日(土)中3入試対策講座 南校 8月8日(日)中3入試対策講座 本校 8月13日~16日 休塾日 8月21日(土)中3入試対策講座 本校 8月22日(日)中3入試対策講座 南校 となっています。 8月30日(月)から通常授業に戻りますが、8月31日(火)は休塾日となっておりますので、ご注意ください。 それでは、夏期講習

夏期講習期間が始まります。

皆さんこんにちは。塾長です。 明日から夏期講習期間がスタートいたします。塾生及び外部生の皆さんからたくさん申し込みをいただきました。ありがとうございます。 昨日各ご家庭に、期間中の授業予定や注意事項などを記した確認書を送付しています。ご確認いただいて、ご不明な点はお気軽にお尋ねください。 受験生にとっては、今までの自分の足りない部分を時間をかけて補っていける、まさに唯一の期間と思います。 高校3年