私立高校の就学支援金について

更新日:2021年6月10日

こんにちは。塾長です。

保護者向けとして、私立高校就学支援金のお話です。


すでにご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、令和2年度4月から、就学支援金の年収上限が引き上げられました。それに伴い、年収目安が590万円未満の家庭では、私立に通う高校生への国の就学支援金の上限が39万6,000円になりました。つまり、授業料が39万6,000円以下の場合には、上記の年収条件であれば「実質無償」となります。

なお「590万円未満」は目安です。子どもの年齢や人数、保護者が共働きかどうかなどで金額が変わり、590万円を上回る場合でも適用されることがあります。


とりあえずは政府作成のリーフレットを添付します。


20200117-mxt_shuugaku01-1418201_1
.pdf
Download PDF • 1.20MB

さらに山口県では、授業料等や入学時納付金に対し県独自の補助を上乗せします。

年収目安270万円未満の世帯には授業料の補助を19,800円上乗せし、年収目安350万円未満の世帯には、入学時納付金を軽減するために7万円ほ補助があります。詳細な条件などは、山口県のWebサイトでご確認ください。


https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a10400/shigaku/20110725001.html


学費を払ったあとに、補助分が入金されるのか、差し引きの金額を学校に納入するようになるかは、学校によって異なるようです。


ちなみに野田学園の就学支援金についてのリンクです。

https://www.nodagakuen.ed.jp/notice/18112/

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは。塾長です。9月末から10月にかけて、中3は3回目の習熟度テスト、一部中学校で修学旅行、そしてその後中間テスト、文化祭、そしてすぐに4回目習熟度・・・ 目が回るスケジュールです。とにかく目の前の目標を見据えて、メリハリ付けて動きましょうね。 8月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。6月の習熟度に比べ、随分と平均点は下がっています。ただし、付属中などは平均点200を超

皆さんこんにちは。塾長です。現在高3は共通テストの出願表作成を行っており、複数の生徒たちから、出願科目含む相談を受けています。 共通テストを受ける生徒たちは、皆目的ははっきりしていて、国公立大学を第1志望としています。進学校に通っている生徒です(山口県の進学校生徒は、届くのならば国公立志望とする場合がほとんど)。国公立大学を第1志望とし、一般受験にチャレンジしていく高3生は、行きたい大学がはっきり

皆さんこんにちは。塾長です。 昨日も生徒コロナ陽性の連絡があり、バタバタしていました。夏期講習からとても感染が目立ちました。もちろん感染すること自体不可抗力なので、しょうがないことです。一日も早く復帰されることを願うばかりなのですが、今回わかったことが一つ、医療従事されておられる方には当然なことだと思うのですが、個別指導塾での指導の場合、マスクをしていれば濃厚接触者には当たらないということ。私は全