高校生中間テスト

皆さんこんにちは。塾長です。高校生の中間テストが迫ってきました。


高1はまだそれほど範囲が広いというわけではないのですが、それでも科目数の多さと、中学校とは違う難易度に、苦戦している生徒が多数です。一番問題なのは、どのように準備していいかわからないということだと思います。


今までは塾のテキストだったり、学校ワークだったり、これをやっていれば何とかなるというものがあったのですが、英語など準拠ワークというものが少なくなり、何をどう準備したらいいのかわからなくなっている生徒を多く見ます。学校の付属教材を完璧にしておくことはもちろんなのですが、教科書の練習問題や、英語であれば本文の暗記、音読、様々なことを「日ごろから」少しづつやっておくことが必要です。


中学校の時は、定期テスト範囲が発表されてから学習をスタートさせていた人も多いと思いますが、今後範囲が広くなるにつれて、時間的にも難易度的にも、その期間ですべての準備をしておくことが困難になってきます。日ごろから少しづつ学習を続け、わからない部分を少しでも減らす努力を続けていく「高校仕様の勉強」をちょっとずつでも心がけていきましょうね。高校学習で優先的に理解できるようにしておきたいものは、やはり英語と数学だと思います。文系及び理系に進んで行くときの、ベース科目になりますからね。ですから、この2科目は日ごろから学習を進めておけるようにしましょう。


また、3年生で学校推薦、指定校推薦を狙っている人は、勝負の1学期ですね。頑張りましょう。ただ進路については、各家庭でもしっかりと話し合って、自分が何を学びたいかや、各大学や専門などその学校の事もしっかりと調べ、いろんな人の意見も聞いて、悔いのない進路選びをしましょう。本当に安易に進学先を決めて、その後後悔や文句を言っている人の多いこと。しっかりと納得をして決めていきましょうね。

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは。塾長です。9月末から10月にかけて、中3は3回目の習熟度テスト、一部中学校で修学旅行、そしてその後中間テスト、文化祭、そしてすぐに4回目習熟度・・・ 目が回るスケジュールです。とにかく目の前の目標を見据えて、メリハリ付けて動きましょうね。 8月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。6月の習熟度に比べ、随分と平均点は下がっています。ただし、付属中などは平均点200を超

皆さんこんにちは。塾長です。現在高3は共通テストの出願表作成を行っており、複数の生徒たちから、出願科目含む相談を受けています。 共通テストを受ける生徒たちは、皆目的ははっきりしていて、国公立大学を第1志望としています。進学校に通っている生徒です(山口県の進学校生徒は、届くのならば国公立志望とする場合がほとんど)。国公立大学を第1志望とし、一般受験にチャレンジしていく高3生は、行きたい大学がはっきり

皆さんこんにちは。塾長です。 昨日も生徒コロナ陽性の連絡があり、バタバタしていました。夏期講習からとても感染が目立ちました。もちろん感染すること自体不可抗力なので、しょうがないことです。一日も早く復帰されることを願うばかりなのですが、今回わかったことが一つ、医療従事されておられる方には当然なことだと思うのですが、個別指導塾での指導の場合、マスクをしていれば濃厚接触者には当たらないということ。私は全