2月度の予定+中3習熟度が戻り始めました。

皆さんこんにちは。塾長です。

私立入試真っただ中。今日は野田と鴻城の入試日ですね。また中1,2は多くは習熟度テストを受けていると思います。自分のやれる精いっぱいを出し切ってほしいと思います。

私立高校の合格発表は、発表日に学校で直接伝えられます。もし成績優秀での合格となれば、特待生認定の用紙も一緒に渡され、伝えられることも多いです。最後まで粘り強く頑張ってほしいですね。


さて、1月に中3が受けた習熟度テストの結果が戻り始めました。各学校の成績がそろえば、また簡単な偏差値表は早急に作成したいと思います。

今回まだ小郡中しか確認できていませんが、平均点ガタ落ちです。鴻南中なども数学の平均点が20点切っているとか。難しい問題になればなるほど、実力の差が顕著になります。大学入試でもそうですが、実力がある受験生は問題の少々の難易度差では点数があまり変化しないものです。今回平均点の下げ幅以上に点が下がっているのなら、ちょっと難しい問題になると、ガタガタとできなくなっているということ、まだまだ試験を甘く見ている証拠です。冬期講習中の塾授業以外に、どれだけの学習ができたでしょうか・・?復習をどれだけまじめにこなしたでしょうか・・?公立入試までおよそ1カ月。今やらないでいつやるのか、です。問題をやって、わからない部分こそ大切。そんな時はきちんと納得いくように、授業中聞いてくださいね。


1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、あっという間に月日は過ぎます。1日1日の時間を大切に、計画的に使ってあげましょう。



新YCK月次予定表 2月
.pdf
Download PDF • 229KB

閲覧数:58回

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは。塾長です。高校生の皆さんは中間テストお疲れ様でした。いかがでしたか?前回のブログにも記載しましたが、1年生はまだまだ、どのような時間配分で学習を進めていけばいいのか、わからない部分も多かったと思います。結果を踏まえてしっかりと担当講師と反省し、次回のテストで何をどうしていけばいいのか、修正していきましょう。PDCA(plan do check action)サイクルですね。 中

皆さんこんにちは。塾長です。高校生の中間テストが迫ってきました。 高1はまだそれほど範囲が広いというわけではないのですが、それでも科目数の多さと、中学校とは違う難易度に、苦戦している生徒が多数です。一番問題なのは、どのように準備していいかわからないということだと思います。 今までは塾のテキストだったり、学校ワークだったり、これをやっていれば何とかなるというものがあったのですが、英語など準拠ワークと