2022高校指導要領改訂 数学はどう変化する?

みなさんこんにちは。塾長です。

ご存じの方も多いと思いますが、2022年度に高校入学する生徒たちから、随時新しい指導要領が適用となります。


主な変更点は

①数学Cの誕生(以前はありました)

②ベクトルが数学BからCへ

③複素数平面が数ⅢからCへ

④「数学と人間の活動」「数学と社会生活」「数学的な表現の工夫」なる単元の創設


などとなります。

現在数学を教えている身からすると、どえらい変化に見えます。

取りあえず保護者の皆さんや、生徒たち向けに、わかりやすく説明した動画を貼っておきますね。



数学を学ぶ上で、いつも大切だなと思うこと、それは「過程を大切にすること」です。たとえば様々な公式一つにしても、なぜそうすると答えが出るのか、それを不思議と思う、興味をもつ、その気持ち姿勢こそが、一番大切な気がします。学習のレベルが上がれば上がるほど、その過程部分を問われることが多いですし、逆に問題を解く場面で、基本に立ち戻る場面も多くなってきます。初見問題でわからないとき、すぐに答えを見るのではなく、なぜ、どうして、なるほど、と考えることを苦にしない、このような気持ちをはぐくむことこそ、数学や他科目が得意、好きな子供に育っていくと思っています。

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは。塾長です。9月末から10月にかけて、中3は3回目の習熟度テスト、一部中学校で修学旅行、そしてその後中間テスト、文化祭、そしてすぐに4回目習熟度・・・ 目が回るスケジュールです。とにかく目の前の目標を見据えて、メリハリ付けて動きましょうね。 8月に実施された中3の習熟度テスト結果が戻り始めました。6月の習熟度に比べ、随分と平均点は下がっています。ただし、付属中などは平均点200を超

皆さんこんにちは。塾長です。現在高3は共通テストの出願表作成を行っており、複数の生徒たちから、出願科目含む相談を受けています。 共通テストを受ける生徒たちは、皆目的ははっきりしていて、国公立大学を第1志望としています。進学校に通っている生徒です(山口県の進学校生徒は、届くのならば国公立志望とする場合がほとんど)。国公立大学を第1志望とし、一般受験にチャレンジしていく高3生は、行きたい大学がはっきり

皆さんこんにちは。塾長です。 昨日も生徒コロナ陽性の連絡があり、バタバタしていました。夏期講習からとても感染が目立ちました。もちろん感染すること自体不可抗力なので、しょうがないことです。一日も早く復帰されることを願うばかりなのですが、今回わかったことが一つ、医療従事されておられる方には当然なことだと思うのですが、個別指導塾での指導の場合、マスクをしていれば濃厚接触者には当たらないということ。私は全