2022高校指導要領改訂 数学はどう変化する?

みなさんこんにちは。塾長です。

ご存じの方も多いと思いますが、2022年度に高校入学する生徒たちから、随時新しい指導要領が適用となります。


主な変更点は

①数学Cの誕生(以前はありました)

②ベクトルが数学BからCへ

③複素数平面が数ⅢからCへ

④「数学と人間の活動」「数学と社会生活」「数学的な表現の工夫」なる単元の創設


などとなります。

現在数学を教えている身からすると、どえらい変化に見えます。

取りあえず保護者の皆さんや、生徒たち向けに、わかりやすく説明した動画を貼っておきますね。



数学を学ぶ上で、いつも大切だなと思うこと、それは「過程を大切にすること」です。たとえば様々な公式一つにしても、なぜそうすると答えが出るのか、それを不思議と思う、興味をもつ、その気持ち姿勢こそが、一番大切な気がします。学習のレベルが上がれば上がるほど、その過程部分を問われることが多いですし、逆に問題を解く場面で、基本に立ち戻る場面も多くなってきます。初見問題でわからないとき、すぐに答えを見るのではなく、なぜ、どうして、なるほど、と考えることを苦にしない、このような気持ちをはぐくむことこそ、数学や他科目が得意、好きな子供に育っていくと思っています。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは。塾長です。高校生の皆さんは中間テストお疲れ様でした。いかがでしたか?前回のブログにも記載しましたが、1年生はまだまだ、どのような時間配分で学習を進めていけばいいのか、わからない部分も多かったと思います。結果を踏まえてしっかりと担当講師と反省し、次回のテストで何をどうしていけばいいのか、修正していきましょう。PDCA(plan do check action)サイクルですね。 中

皆さんこんにちは。塾長です。高校生の中間テストが迫ってきました。 高1はまだそれほど範囲が広いというわけではないのですが、それでも科目数の多さと、中学校とは違う難易度に、苦戦している生徒が多数です。一番問題なのは、どのように準備していいかわからないということだと思います。 今までは塾のテキストだったり、学校ワークだったり、これをやっていれば何とかなるというものがあったのですが、英語など準拠ワークと